内臓脂肪とアルコール(お酒)の関係

内臓脂肪とアルコールの関係と考えてみましょう。また内臓脂肪を落とすための飲み方などあるでしょうか。お酒をやめずに内臓脂肪を落とすことをまとめてみました。

 

内臓脂肪とアルコール

内臓脂肪を減らすならアルコールも減らす必要があります。お酒を飲んだら、その分だけ必ず摂取カロリーは増えます。カロリー摂取が多ければ太ります。
では例えば食事を摂らずにお酒だけを飲んだらどうでしょう。カロリー的にオーバーしなければいいということではありません。体に必要な栄養素が届かず、もっと脂肪を溜め込もうとしていくでしょう。しかし必要摂取量の食事を摂れば、お酒の分はオーバー分として脂肪となっていきます。特に男性の場合は内臓脂肪にたまりやすいので、ダイレクトに内臓脂肪が増えていきます。

 

お酒プラス高カロリーのおつまみ

お酒を飲む人の中には、つい高カロリーの揚げものなどのつまみが増えてしまう人も多いようです。そうなるとアルコール+おつまみの分までオーバーして内臓脂肪を溜める一方になりかねません。

 

そして飲んでしまうとつい気分が良くなり、今自分が避けるべき食べ物など気にならなくなることも多いようです。そのためお酒を飲んでも適量に抑え、おつまみは食事のおかずで済ますようにしましょう。つまりできれば家飲みがおすすめなのです。

 

飲み過ぎないこと

内臓脂肪が溜まって放って置くと、命にかかわる重大疾患のリスクも高まる危険があります。そのため飲み過ぎないことはとても重要です。日本酒なら1合、ビールなら中瓶1本、ウイスキーならダブルで1杯、水割り2杯、ワイン2杯のどれか1つを限界としましょう。

 

どんなに人に勧められても断わる勇気がないなら、禁酒宣言をするべきではないでしょうか。どうしても飲みたいときには家飲みが安心です。そして週のうち2日は休肝日を作ると良いと言われています。内臓脂肪を減らすことが目的であれば、そのぐらいの我慢をしなければ良い結果は出ないでしょう。

 

濃いお酒は薄めるように

例えばウイスキーや焼酎などはアルコール度も高いので、カロリーも高くなります。ストレートで飲むと思わぬ量を飲んでしまうことも。そのためできるだけ濃いお酒は薄めて量を増やして飲むようにしましょう。また酎ハイなどジュースで割るよりお茶や水、お湯、炭酸などで割るようにしましょう。

 

食べながら飲む

お酒の飲み方はさまざまです。しかし、できるだけ食べながら飲むことが大切です。あまり食べずにアルコールを飲んでしまうと、アルコール吸収が早く、気持ちも大きくなり結局予定の量より多く飲んでしまいます。

 

食べながら飲むことでお腹の満足度も高めることもできます。さっぱりした冷や奴などをつまみに飲むと、血糖値を急激に上げずにカロリーの摂り過ぎも避けられるのではないでしょうか。

 

基本は健康をどう考えるか

いろいろなヒントをご紹介しましたが、お酒の飲み方はそれぞれとてもこだわりがあるかも知れません。結局、内臓脂肪をしっかり落とさなければ今後恐ろしい健康被害のリスクが高まるという自覚を持つことで、お酒の問題に取組みましょう。最終的には健康についてどのように考えるかということが重要になりそうです。

 

最後になりますが、どうしても多めのお酒が飲みたいときには、週のトータルで考える方法があります。1週間に日本酒なら5合、ビールなら小瓶5本、ダブル5杯、酎ハイ5杯程度が限度と言われています。1日でこれだけの量を飲みたいなら、週に1回だけお酒の解禁日を作るという方法もあります。もちろんこれはベストな方法ではありまえんが、どうしてもというときにはこのような方法もあります。

ライオンラクトフェリン半額