内臓脂肪と皮下脂肪の違いを学ぼう

内臓脂肪と皮下脂肪の違いをよく分からないという人も結構います。それでも脂肪は健康や美容に良くないというイメージだけはあるのではないでしょうか。ここで2つの違いや特徴を考えてみましょう。

 

付く部分が違う

まず内臓脂肪は内臓の周りにべっとりと、まとわり付くように存在しています。また多くなってくるとお腹周りにも付き出しますが、他の部分にはまったく付きません。そして皮下脂肪は皮膚細胞の下の部分にある脂肪細胞に溜まる脂肪のことを言います。体全体に付くところが内臓脂肪とは違います。お腹の周りだけは、内臓脂肪と皮下脂肪の両方が付いている場合もあるわけです。しかしそれは腹部皮膚下には皮下脂肪、腹部内部には内臓脂肪が付きます。

 

役割が違う

特に脂肪はどちらも、いらないものというイメージがあります。しかし実はこの脂肪にも役割があります。内臓脂肪はいざ飢餓状態になったとき、または食べ物がなくなったときの、脂肪貯蔵ということになります。運動などをして急なエネルギー排出があるときには、この貯蔵したものからエネルギーを取り出します。

 

また内臓脂肪は内臓の位置を安定させるためにもある程度必要とされ、貯蓄をしながら安定を図っているということになります。そのためわたしたちは逆立ちをしても内臓は大きく移動しないわけです。そしてお腹の周りには重要な内臓が集まっています。そこを守るという役割も内臓脂肪にはあったのです。

 

そして長期病気をしたり長期飢餓状態になってしまったときには、内臓脂肪の貯蔵だけでは間に合わないときのために、皮下脂肪も貯蔵庫になっています。もちろん骨や関節を守るために皮下脂肪はついていますが、第二の貯蔵庫にもなっているのです。つまりわたしたちはいざというときのために、エネルギーの貯蓄を脂肪というかたちで溜めているのです。そして脂肪が増えるということは、必要以上に貯蓄を増やしてしまっているということなのです。

 

脂肪細胞構造の違い

内臓脂肪と皮下脂肪では脂肪細胞の構造が違っています。簡単にいうと内臓脂肪の細胞はとても小さく、できやすく、また消滅もしやすい性質があります。しかし皮下脂肪の場合は脂肪細胞が大きく、脂肪自体が大きく膨らんでおり、作られるまでに時間がかかりますが付いてしまうと消滅にもとても時間がかかります。

 

付き方の違い

内臓脂肪は内臓の周りと、毛細血管や肝臓へつながる門脈にたんさん付きます。時間がかからず、すぐに着き増えるので、取りやすい脂肪とも言われています。それにくらべて皮下脂肪は毛細血管のあまり行き渡っていないようなところに付き増えていきます。そのため時間がかかって付き増えるため、落とすのも時間がかかります。

 

危険度が違う

そしてこの2つの脂肪が付き過ぎたときの危険度にも違いがあります。内臓脂肪の方が溜まってしまうと健康的に危険度が高いと言われています。動脈硬化や高血圧になりやすく、心筋梗塞、脳梗塞などの重大疾病のリスクも高まるのです。皮下脂肪も決して良いわけではありません。しかし内臓と遠いところにも付いているので、直接影響が内臓脂肪より少ないと考えられています。

 

ただし見た目は皮下脂肪の方が太ったイメージを感じさせると言えるでしょう。このように考えるとやはり脂肪の付き過ぎはとにかく良くないこと。そして内臓脂肪は特に危険であり、そのかわり落とすことも割と簡単であり、予防意識が薄れるとすぐに付きやすいということが言えるのではないでしょうか。

ライオンラクトフェリン半額