内臓脂肪はコーヒーでどうにかなるの?

コーヒーを飲むことで内臓脂肪を減少させるための、お手伝いができるのではないかと言われています。どのような摂取法が良いのでしょう。しかしコーヒー好きな人にとっては、とても嬉しいことではないでようか。

 

カフェインの働き

コーヒーには特にカフェインが多く含まれていますが、カフェインは燃やす力をアップする働きがあることが分かっています。中核神経に働くためカフェインを摂取すると気持が高まると言われていますが、これは体温が上がることと同じく燃える力が高まることなのです。

 

コーヒー1杯飲むことで燃やす力が3時間ほど保つとも言われています。しかしカフェインの多い緑茶や紅茶よりコーヒーがおすすめというのは、緑茶や紅茶は利尿作用が強いため、コーヒーの方が吸収率が高いのです。そのため運動をする30分前にコーヒーを1杯飲むことで、運動による燃える力がより高くなるということになります。

 

リパーゼ

カフェインの働きの大きな立役者はリパーゼと言う成分です。リパーゼは脂肪分解をサポートする酵素として働くということが分かったのです。食事の後に軽く一杯飲むといいと言われています。

 

しかし甘みやミルクを入れてはカロリーが高くなります。ブラックで飲むことが大切です。またたくさん飲み過ぎると脈が速くなったりするので飲み過ぎには注意しましょう。内臓脂肪を低減するには、やはり適度な運動も大切です。そんな運動の成果が大きく感じられるのは、とても嬉しい働きと言えるのではいでしょうか。

 

コーヒークロロゲン酸の働き

コーヒーに含有されているポリフェノールの一種であるコーヒークロロゲン酸の、脂肪吸収抑制サポート力が期待されています。花王研究センターによって初めての臨床試験が行われ、その結果果もはっきり出ています。しかし焙煎してしまうとHHQという成分によって、コーヒークロロゲン酸の働きを抑えてしまうため、焙煎をしたコーヒーを飲んでも十分なコーヒークロロゲン酸の働きは発揮されないようです。

ライオンラクトフェリン半額