内臓脂肪を減らすには(男性)

内蔵脂肪を減らすことは毎日の元気のためにも、とても大切なことです。特に今回は男性の場合、どのようなことを注意してどのような方法で内蔵脂肪を落とすと良いのでしょう。

 

男性の脂肪の特徴

男性はもともと皮下脂肪がつきにくく、内臓脂肪がつきやすいと言われています。そこで痩せている人でもぽっこりお腹が目立つようになったら、内臓脂肪がついているというサインと考えましょう。

 

女性より皮下脂肪が少ない傾向のある男性は、ちょっとした注意と意識をすることでも内臓脂肪を落とすことができます。そしてぽっこりお腹も内蔵脂肪の影響が多いため、内臓脂肪が減るとぽっこりお腹が改善されやすく、結果が見えるので頑張りやすいとも言えそうです。

 

食事・運動・お酒・サプリ

もともと内臓脂肪はつきやすく落としやすいと言われています。とはいっても適度な運動と食生活の見直しはとても重要です。特に男性の場合はアルコールの摂り過ぎということもあるので、まずアルコールを見直すことが大切です。内臓脂肪は糖質を減らすことはとても重要です。そのため飲み過ぎは厳禁であり、毎日飲んでいる人は飲む量の見直しや回数を減らすなど考えなければなりません。

 

そして肉類が好きな人はできるだけ魚中心の和食にして、野菜をたくさん食べるようにしましょう。また適度な運動を毎日行います。内臓脂肪を落とすためなら一日20分〜30分程度でよいので、毎日続けるようにしましょう。

 

また内臓脂肪を落とすサポートとして、ラクトフェリンなどはよく知られています。これらのサプリのお手伝いをプラスすることもおすすめです。まず自覚を持って意識することが大切であり、少しずつしっかり実行していくことで思ったより早く落ちていくはずです。ぽっこりお腹がすっきりしてきたらOK。

 

安心は禁物

しかし取れやすいと言われている内臓脂肪は、つきやすいとも言える脂肪なので安心は禁物です。これからは内臓脂肪がつかない努力をしていくことが今後の元気につながります。そのため食事や運動、そしてサプリのお手伝いなども考えてみてもいいのではないでしょうか。

ライオンラクトフェリン半額