内臓脂肪を減らす体操

内臓脂肪を減らすためには食生活の見直しや運動も必要となります。そんな内臓脂肪を減らすための運動はどのようなものがあるのでしょう。いくつか知っておくと、その日の気分や体調に合わせて体操ができるので、飽きずに続けられるのではないでしょうか。

 

ラジオ体操

内蔵脂肪を減らすにはやはり過度な体操ではなく、毎日続けることのできる体操と言われています。そこで内容的にもとても優れているというラジオ体操がおすすめです。6:25〜6:35, 9:55〜10:00, 14:55〜15:00.にテレビやラジオに合わせて行うのも良いでしょう。また録音しておいて、運動をしたいときにするのもおすすめです。

 

特に内臓脂肪に直接作用するためには、空腹時に行うことがベストなので、良いタイミングを選んで行いましょう。ラジオ体操を一日できれば2回行い、あとはストレッチやスクワットを少しプラスすると、より結果は期待できるのではないでしょうか。

 

スクワット

筋肉を鍛えることができるので、基本的な燃える力を高めるためにおすすめの体操です。スクワットは肩幅程度に足を広げて立ちましょう。ポイントは開いた足のつま先を外側に向けず正面に向けます。つまり膝も外側に向かずに正面を向くことになります。

 

そのまま、腰を落としていきます。バランスを取るために手は腰を落とすときに、正面に伸ばすといいでしょう。1秒ごとのリズムに合わせて行うリズミカルタイプと、腰を落としたところで2秒〜3秒キープするタイプを交互に行うといいでしょう。きついときには20回程度で10秒〜20秒足踏み休憩をしながら、一回50回〜60回を一日2回程度行いたいところです。

 

腹筋開脚体操

開脚をしてインナーマッスルを鍛えます。開脚をして片足は折り込みます。つまり片足開脚をし、そのまま前屈をしていけるところで3秒キープしてゆっくり戻します。次に伸びている足の先を両手でつかむようにしましょう。そしてあごを上げ背筋を伸ばしながらストレッチをしていきます。伸びきったら3秒キープしまそう。逆の足も同じように行います。5回ごと行ってみましょう。開脚がしやすい人は開脚で行えれば、よりおすすめです。

ライオンラクトフェリン半額