脂肪はエネルギー源?

わたしたちの脂肪イメージというと、どうしても悪役としてのイメージが強く、エネルギー源というイメージはあまりありません。少しでも減って欲しいと思ってしまいますが、実はなくてはならない大切なものだったのです。

 

脂肪はエネルギーとして使われる

人は内臓を動かすのも、細胞を再生、修復するのも、体を動かすのも、息をするのもエネルギーがなければなりません。エネルギーがなくなれば、それは死を意味することにもなるのです。そこでエネルギーとして使われるものと、その順番をまず知っておきましょう。

 

最初に使われるエネルギー源は筋肉に溜まっているグリコーゲン、つまりブドウ糖が使用されます。そして次に血液中にあるグリコースや脂肪がエネルギー源となり、これらで足らない場合は、次に体内に蓄えられている中性脂肪が使用されるのです。つまり、よほど運動でもしなければ貯まった脂肪が使われることは難しいのです。

 

中性脂肪はなかなか……

一般に普通の生活の中では特にマラソンをするわけでもなく、貯まった脂肪まで使うのは大変です。しかし実は好気性代謝系によって、脂肪はいつも使われているのです。脂肪はなかなか使われないように感じますが、通常の生活の中でも血液中の脂肪は糖質と同様にエネルギーとして使用されています。

 

しかしそれらのエネルギーがあれば普通に生活ができるため、中性脂肪までは燃えてくれないということに。そこで中性脂肪を燃やすことを考えなければなりません。

 

中性脂肪を落とすには
そこで血中にエネルギーがない状態、つまり食事をして時間がたっている状態のときに体を動かせば、血中のグリコースや脂肪がないのでダイレクトに中性脂肪をエネルギーとして使うことになるのです。つまり空腹時に体を動かすことこそ、中性脂肪をエネルギーにする秘訣と言えるのではないでしょうか。

 

ライオンラクトフェリン半額