脂肪燃焼とは

ダイエットや健康には脂肪燃焼という言葉がつきものです。運動をしているのになかなか痩せないなど、体脂肪が燃焼していないのかも知れない……。脂肪燃焼を阻害する原因を探るためにもメカニズムなど考えてみましょう。

 

脂肪燃焼の仕組み

わたしたちの脂肪は脂肪細胞に蓄積された体脂肪となり、運動などによって燃焼していきます。運動などによって体温上昇が起こり、それによって血糖値が下がるのです。そこで脂肪細胞からエネルギーを使って血糖値を高くして安定させようとします。

 

そのときにグルカゴンというホルモンが分泌され、このグルカゴンが脂肪細胞に蓄えられている脂肪を血中に放出します。そしてグルカゴンから司令を受けたタンパク質分解酵素のリパーゼが、血中に放出された脂肪をエネルギーとして使っていくのです。

 

脂肪燃焼とインシュリンの関係

食事をすると血糖値が上昇します。その状態が続けば当然、血液はどろどろに。そのままでは動脈硬化などになってしまいます。しかしインシュリンが分泌されることで、血中の糖を除外するように全身の細胞に命令を出します。それによって血中の糖は除かれ血液はサラサラ状態に戻るのです。

 

しかし除いた糖は排出することはできないので、体内の脂肪細胞に溜めていくことに。つまり脂肪燃焼を考えるときには、インシュリンの存在をなしには考えられません。しかしインシュリンは脂肪を増やす悪者ではなく、血液をサラサラにするために分泌されます。そしてインシュリンの出番ができるだけないようにすることで、脂肪を溜め込むことがなくなるのです。

 

体脂肪を燃焼させるには溜めないこと

インシュリンを分泌しないようにするには血糖値を安定させておくこと。血糖値を急激に上げなければインスリンは大量に分泌されることはなく、体脂肪を増やすこともないのです。体脂肪を燃焼させる前に体脂肪を増やさないことが重要です。体脂肪を溜めないようにすれば、だんだん今付いてしまっている脂肪がエネルギーとして脂肪燃焼していきます。

 

インスリンを抑えグルカゴンを分泌させる

食事をするときも、糖質や炭水化物はすぐに血糖値を高めてしまうので摂り過ぎには注意が必要です。そして食事のときにも体内に吸収される速度の遅い食材から食べるようにしましょう。いわゆる食べる順ダイエットと同じ理論です。また炭水化物:タンパク質:脂質を4:3:3にするとインスリンが抑えられ、逆に脂肪分解促進ホルモンであるグルカゴンが分泌されます。これこそ「溜めずに燃やす」ということになるのです。

 

間食を摂って脂肪を溜めない

特にランチから夕食の間は結構時間があります。夕食のときにはもう体は飢餓状態。そんなときにドカ食いをしたら、血糖値はドーンと上がってしまうので脂肪はどんどん溜まる一方。そのため夕方に軽い軽食を少し摂るということによって、体の飢餓状態を防ぐことができます。ただし間食によって1日のカロリーが増えてしまっては意味がありません。1日のカロリーの中で考えていきましょう。

ライオンラクトフェリン半額