脂肪融解注射について

メスを使わずに脂肪を取るということで注目されている方法で、美容外科などで行われている施術の1つです。メスを使わないというと脂肪吸引を想像する人も多いと思いますが、最近は脂肪溶解注射という方法もあります。

 

脂肪融解注射というのは、アミノ酸や脂肪を溶かす薬剤を注射するものです。それによって自然に溜まった脂肪を落としていくことに。注射をするだけなので施術時間も短く、脂肪吸引がしにくい部分の骨に近いところの脂肪も、落とすことができるというものです。

 

ほお骨の周辺や腕の前側などは脂肪吸引でも難しいところですが、この辺も脂肪融解注射なら落とすことができます。これが脂肪融解注射のメリットですが、メリットだけ聞くとこれほどナチュラルに、そして注射だけで脂肪コントロールができる方法は画期的だと感じます。

 

しかし、この脂肪融解注射はいいことばかりではないのです。例えば1回の注射でokということにはなりません。2週間に1回の注射を何回も行うことが必要となります。また脂肪吸引の施術後の状態よりずっと腫れが長く続いたり、腫れも大きくなるなど施術の後の影響が大きいとも言われています。

 

また脂肪吸引であれば、思ったところの脂肪を減らすことができ、思ったようなボディーデザインどおりに脂肪を落とすことができます。しかし脂肪融解注射は自然任せと言うところがあり、メリハリなどのデザインどおりに落とすことは無理です。そして結果が出るまで時間がかかり、個人差でどの程度の結果が出るかは分かりません。

 

いくら頑張って注射をしても、あまり目に見えるような結果が感じられないという場合も。これだけデメリットがあると、メリットがあってもすぐに飛び付きにくい施術の1つとも言えそうです。

ライオンラクトフェリン半額